意味合いとは

ひとつの舞台が終わると、色々と考える事があったり、思い返して次に生かせることは何か?を考えます。

その中で、さて、次の台本はどんな内容にしようか?を考えるのだけど、大体、夏公演の台本は冬に考えて、冬公演の台本は夏に考えています。

後は、公演ごとのお客さんの反応や、役者の成長や、色々バランスを見て考えていますね〜。

自分の書く脚本の特長として、ゆるーく、上がっていく物語の書き方だなと(笑)今も、さて、どこに盛り上がりを入れるか?と悩んでいる最中です(^_^;)

時々時代物を書きますが、正直、ガチなものではありません。それでも、その時代に生きた人の強さとか、忘れて欲しくない心とかを入れています。殺陣についても、意味を持たせて考えています。ただ戦うのではなく、何のために、誰のために刀を握るのか、そこに重点を置いてます。決してうちの劇団はエンタメではないので、しっかりとした魂を、握った刀に入れるよう心がけています。見せ場ではありますが、物語ありきの殺陣という感じです。

CEを入れるのも、実は好みません。

どうしたら、違和感なくその辺も含めて舞台を進めて行けるか、今後の課題ではあります。

 

まずは夏公演!まだ執筆中ですが、ワンステップアップ!!できるように、頑張りますね!!

無事終演となりました!ありがとうございました!

改めまして、「鈴時雨 ― 言霊 ―」無事終演となりました。

ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

今回の舞台は、リニューアルと言う事で、色んな意味で不安がありました。前回よりもレベルアップしていることが前提でしたし、より分かりやすくという課題もありましたし、所作、意味合い、殺陣等、課題が沢山あった舞台でした。

細かい所は抜きにして、全体を通してみて、まず前回よりという課題はクリアはできていたと思います。

細かい事を言い出したら切りがないので、飛ばしますが、自分の今の気持ちを正直に綴ると、次のようになります。

 

 

脚本家として

 

まだまだ書きたいことが沢山あります。この「鈴時雨」は、ほんの一部で、物語はまだ終わっていません。

そして、この話を通して、明日も笑いあえるように、何があっても生きていて欲しいです。

前にも話しましたが、最後の義人の言葉は、皆さんに向けての感謝のメッセージです。

少しでも、込められたメッセージが届いていると、幸いです。

それで、この物語はまだ一部と言いましたが、更なる物語があります。

また月日をかけてその物語を綴っていきます。時期については約束できませんが、お待ちください。

誰に何と言われようが、目的の為なら、どんな努力も惜しまない。それが、書き手としてのモットーです。

 

演出として

 

何と言いますか、もっと勉強してきまーーーーす!!!の、一言。

もう少し、色んな事を早い段階で勉強していたら、もっと役者の負担が減らせたのかな?と・・・。

昨年よりは、どんな舞台にしたいかはもっと明確になっていたし、どんな見せ方にしていくかもわかっていたのもあって、その点については、まぁまぁだったかな。やりたいことはできました。

夏公演に向けては、見せ方の前に、心の動き・・・心情、そのキャラの本質をもっと出せるように演出していくのが課題。

 

脚本と演出について

 

同時にやっていると、どうしてもギャップが出てきます。

脚本家としては、そこは譲れない・・・演出としては、そこは必要ない・・・で、自分の中で喧嘩をしているという・・・。

結局、演出が勝つのだけど。

たまーに、書き手としての自分が、へそを曲げて出てこなくなることもあったりも。

そんなやり取りが、自分の中で行われています。

 

 

役者として

 

兎に角、久々に必死でした。かなり努力を要したし、勉強することも沢山ありました。

ただ、その中で、義人として、何故刀を持つのか、どうしたら守れるのか、自分の想いとは?という事を、凄く鮮明に考えることができたと思います。その刀が自分の一部として、重みと言うものがのしかかってきた感じはしますね。

ただ何となくではなく、その重みを感じながら、演じることはできたと思います。

反省点は沢山ありますが、その瞬間を義人として生きてこれたと思います。

これで一旦義人とお別れですが、また会える日を楽しみしています。

それまで、役者として、今回教えて頂いた殺陣の基本の稽古を、続けていきます!出来るものが増えることは、嬉しいことでもあります。

 

代表として

 

これからの課題が明確になってきたので、課題達成に向けて動き出していこうと考えています。

この課題が達成できれば、団体としても一歩前進になるかなと。

 

 

というわけで、色々書きましたが、次は夏に向けて執筆を開始します!!

どんなココロワの舞台をお届けできるか、楽しみにしていてください!!

自分の首を絞めたくないので、きっと・・・と言っておきますが、きっと、面白い台本になると・・・いいなと・・・思っています!!!

 

また皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!!

今後とも、演劇集団ココロワをよろしくお願い致します!!

 

 

新年あけましておめでとうございます。

ツイッターで、既にご挨拶しているのですが、改めまして、

新年あけましておめでとうございます。

本年も、何卒、宜しくお願い致します。

 

さて、新年早々、舞台の事しか考えていない自分ですが、台本を書きながら年を越すと言いながら、台本すら手掛けることが出来なかった12月31日でしたが、一応ネタは書き上げてあります。

さて、ここからどう組み立てていくのか、悩むところではありますが、まずは2月の公演を成功させないといけませんね。はい。

そんなわけで、2月公演の事に・・・台本についてお話したいと思います。

以前にも話したことがあるかもしれませんが、そこは、ツッコミ無しでお願いします。

書いている本人すらも忘れているので、忘れたことにしておいてください。

 

鈴時雨・・・この物語は全てフィクションです!!あ、知ってましたね。

が、もとになっている物はあります。これこそ、以前お話した、自分の家系図なんですけどね。そこからのイメージを色々膨らませて、有名な武将ではない武将・・・領土を収めて行った人ですね。それを調べ、どのようにして領土を広げていったのか・・・というところから、少しずつ物語を組み立てていきました。

本来の忍びの役目を少し残しつつ、より人間らしいキャラで考えていきました。

主となる、山名家は、そこまで名前は知られていないけど、山に通ずる名前を選びました。あとは、長く続かなかったという所で・・・。

物語の中に出てくる、年に一度の祭りについては、実はモデルになっているのは、木曽の祭りです。独特な、伝統的な祭りなのですが、ここ数年、行けてないですねぇ。深い山の中で行われる、伝統的な祭り。剣舞は天狗の舞を参考(振りは待ったく違いますが)

なので、神事用の振付にしてあります。通常剣舞は、武士の姿を表現していますが、鈴時雨での剣舞は、神事なので、それとは違います。なかなか参考に出来る振りがなかったので、完全オリジナルの、でも意味を込めての振付です。どちらにしても、難しいですね。

 

とまぁ、結構自分が見て来たもの、聞いてきたものを参考にさせてもらっているものが多いです。

物語の特徴としては、知らない場所で、小さな村と伝統を守るために戦った人がいたんじゃないかな?という、見えない部分を描いています。

もしかしたら、こんなものって思われる方もいるかもしれません。が、そういうのもあっていいんじゃないか?と、思うわけです。

何よりも、どんな物語だろうが、かならずテーマがあります。この「鈴時雨」もテーマがあります。

表面だけで判断せず、もっと奥を見て頂けたら、それが何かがわかると思います。

それが伝わるよう、我々も日々努力をしなければいけませんね!

 

また何か「鈴時雨」について語れる時は語りたいと思います。

今年最後ですね

今年ももう今日で終わりですね。

どんな一年だったのか、思い返してみたのですが、思い出せない・・・。

兎に角、今年は変化の多い年だったなと言う事ですかね。

仕事もそうですが、劇団の方も色々ありました。が、乗り越えて来れたという事は、この先も細々とやっていけるのかな?と、思ってみたりも。

今年も沢山の方にお世話になり、沢山助けられました。

一年を通して、感じた事、伝えたい事は・・・いかなる理由があろうとも、物事を放棄してはならぬ。やると言ったのなら、最後までやり通すこと。

途中で挫折をすることもあります、嫌になることもあります。

それでも、やります、引き受けます、頑張りますと言葉に出したのなら、どんなに挫けても、続けて欲しい。

そして、人に迷惑をかけたのなら、迷惑をかけた分、必死にやって欲しい。

何事もなかったかのように振舞うのは、いけません。一年の締めくくり、ケジメをつけて、新しい年を迎えて欲しい。

成長とは、色んな事を経験して、失敗して、またチャレンジすること。誰かに成長してもらうのではありません。

自分でみつけ、気付いて、自分の力で進んでいく事です。周りは助言しかできません。決めるのは、自分自身です。

進んで行く中で、誰かが助けてくれる、手を差し伸べてくれます。

ただ、人を傷つけて進んだ先には何もありません。全て自分に返ってくることを忘れないで欲しい。

自分も、常にその覚悟の上で色んな決断をしています。決して忘れないで欲しいです・・・いい事も悪い事も全て自分に戻ってくるということを。

一番は何を言いたいかといいますと、自分の言葉には責任を持ちましょうってことですね!

 

来年は、原点に戻って、団体として、自分達の力で進んで行こうと考えています。

もっと、嘘を真実にできる舞台を創っていきたい。そして、誰かの心に響く舞台にしたい。

我々は決してプロではない。仕事をしながら続けている、趣味でやっている劇団です。それでも、より良い舞台にしたいと思うのは、当たり前の事ですし、今年よりも来年、来年よりも再来年、レベルアップしていきたいですね。

 

いつか、ココロワも別の場所で公演が出来たらいいな・・・。

それが、今のところの目標でもあります。一人ひとりの意識は大事ですし、チャレンジ精神がなければ、実行にも移せませんが・・・。怖いと言えば、怖いですけどね。

そして、今年折角教わった事は、舞台が終わってからも続けていきたいです。

 

来年も四苦八苦しながら、進んで行くかと思いますが、私達ココロワを、宜しくお願い致します。

 

皆さま、よい年を迎えてください。

隣の芝生は・・・

いやー、隣の芝生は青く見えるねぇーーーーーー。

と、最近特に思っています。

やりたいことと、現実と、現状と・・・。こんな時、よく思い出すのが、今の劇団を立ち上げた時の事。

あの時は、さて、何を考えていたのだろう?と、思い出そうとするけど、よくよく考えてみたら、必死だったとしか覚えていない(笑)とにかく必死!一つの舞台を創り上げるのに、人間観察したり、自分のキャラの事を調べたり、とにかく自分のモノにしたくて、かなり頑張っていた記憶はあります。辛くて大変だったけど、でも、週に一度の稽古は楽しかったかなー。

そうそう!今は水曜日が稽古日になっていますが、以前は金曜日でした。そのせいもあってか、よく稽古後にご飯食べて、それからゲームセンターに行って遊んでいたり、海に行ってセリフの練習をしたり(笑)若かったなぁー!

なんか、そういった必死に頑張る、真面目に取り組む、色んな事に挑戦をしてみる!って様子を見かけると、懐かしいなぁーって思います。

ちょっと初心に戻ってみようかなと、最近思うようになって、時代を遡って行ったら・・・中学まで戻ってしまいました。やばい時代です!!

まぁ、グダグダと書きましたが、結局は、他所は他所なんですよね(笑)なんだかんだ言いながらも、我が道を進んで行くと思います。

 

そんなわけで!

今回の役と共に、悩んで、迷って、でも決心をして、2月の舞台には立ちたいと思います。

リニューアルされた「鈴時雨」を、お楽しみに!!

時は流れているんだな・・・

ここの所、子供の頃によく見ていたアニメの声優さんが亡くなったり、有名人が亡くなったりするニュースを見ていると、やはり時は流れているんだなと、改めて感じました。

当たり前の事なんだけど、それが身近に起きてくると、よりリアルに感じるかな・・・。

よく思い出すのが、20代の時の事や、高校生の時の事。

あの頃は、早く大人になりたいと思っていたけど、今は、色々な別れが怖いなと思うようになり、時を戻したいなとも思ったりもします。今あの人は何をやっているのだろう?生きているのかな?どうなのかな??そんな事を時々考えます。

突然の別れが来るかもしれない。自分が、大切な人を残して逝ってしまうかもしれない。

それでも、前へ進めるのか?進んでもらえるのか?そんな事ばかり考えています。

答えは、その時にならないと出てこないのですけどね!

 

鈴時雨は、自分の願いなのかもしれないです。悲しいけど、苦しいけど、それでも、進んで欲しい。きっと、傍で見守ってくれているはずだから・・・。先の事なんてわからない。今を必死に生きる、それが、残された人の出来る事なのだと。

明日も、明後日も、明々後日も、笑いあって欲しいです。

 

たまには、真面目な話もいいですよね!

稽古はちゃんとやってますよ!

土日稽古をしなかっただけで、なんか稽古に飢えてしまった・・・。

でも、家に居ても常に台本の事は考えているし、自分の役と向き合っています。

役と向き合うと言えば、今回の役・義人は、よく話を聞いてくれるなーと(笑)しかも、常に笑顔という。

だからかな?義人の事を考えると、なんだか優しい気持ちにはなります。

一番困ったのが、「冬の星を結んで」でやった、高坂(笑)彼は、本当に全然振り向いてくれなかったし、どこか、怒っているようにも思えてねぇ・・・。自分で作ったキャラなのに、あそこまで反発するキャラはなかなかいないです。

一番自由気ままだったのが、「ご依頼は真夜中のカフェへ」の竹山(笑)彼は、本当に自由気ままだった!!

 

こうやって、色んなキャラの事を考えると、あー、彼はこんな感じだったなぁーとか懐かしく思います。

にしても、「鈴時雨」のキャラは、個人的にどのキャラも好きですね。もちろん、いままで書いた台本の登場人物はどれも好きですが、「鈴時雨」の登場人物は皆が「愛」に溢れているように思えます。

 

元々、自分は小説と漫画を描いていた人なので、台本の書き方には毎回四苦八苦しています。

全然違いますからねぇ・・・。それこそ、小説は情景の説明とか入れないといけないし、漫画は小回りで物語を進めないといけないし、台本は台詞を違和感なく進めないといけないから、たまーに混乱します。

 

とまぁ、色んなキャラと会話をしながら台本を書いたり、役作りをしたりしていますが、そろそろ、自分の心とも向き合わないといけないかなと考えています。

来年の夏は、自分としてはちょっと辛い・・・でも、乗り越えたい内容になると思います。

夏はとにかく明るく!!というのが、少し覆されてしまうかもしれませんが・・・でも、最後は幸せに終わらせたいですね。

前向きに歩めるように。

また少しずつ速報で上げていきますね!!

まだネタ作り最中ですので。

鈴時雨

久々のブログです。

さてさて、2月公演に向けて、現在稽古奮闘中です。

以前にもお話したかと思いますが、今回の舞台は、2月に公演しました「鈴時雨」のリニューアルバージョンとなります。

どこがリニューアルなの?という疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、それは、観てからのお楽しみと言う事です。

しかし、リニューアルと言うのは、結構ハードルが高いな・・・と思います。

以前がどのくらいの出来だったのかは、十分わかっているのですが、確実にステップアップしていないと、リニューアルした意味がないと、そう思っています。

最近、プロの舞台のDVDを観て、何か盗み出そうとしていますが・・・見入ってしまって(笑)

本腰入れて、ちょっと頑張りますね。

そういえば、剣舞用の刀が欲しく欲しくて、夜な夜なネットで見つめています。ちょっと怪しい人物になっていますね!

一応、OPの剣舞、途中の剣舞、EDの剣舞には、意味が込められています。考えるのは、結構大変ですね(;^ω^)

この物語は、勿論ストーリーがメインです。そこに付随して、ダンスや剣舞、殺陣が入っています。

なので、凄く殺陣が見たい!!!って方からしてみたら、ちょっと物足りないのかな?とは思いますが、先にも話した通り、ストーリーがメインなので、お許しください。

殺陣と言えば、殺陣の稽古だけをやる日を設けているのですが、ココロワの新人君が、いい役割をしてくれています。

そう、斬られるという役割を!!これ、大事なんですよね。個人的には、斬る側よりも、斬られる側がとても大切だと考えています。後は、呼吸ですかね・・・。皆さんが、どこまで頑張ってくれるのか、楽しみではあります。

キャラクターも、若干変わっている部分もありますので、また違った楽しみ方をしていただけると思います。

公演日は、2020年、2月2日です。詳細については、また公式の方でお知らせしますので、お待ちください。

 

 

ココロワの舞台を観てくださっている方は、ふと疑問に思う事があるかと思います。

なぜ、いざきたは、そのポジションを維持しているのか・・・。なぜ、「それ」をやり続けるのか。

本来の姿のままの役をやればいいのに、なぜ「それ」をしないのか。

その質問に答えることは、正直できませんが、一つ言えることは・・・。

「それ」を武器として、自分の役者としての自信をつけたかった。

勿論、他の理由もありますが、そこは秘密という事で(笑)

ただ、今の役者としての位置を得るために、努力はしました。下手なら下手なりきの努力をし、自分の武器を見つけないといけなかったので・・・。今の役者としての自分が在るのは、そういった少しずつの努力と、後は挫折があったからだと思っています。

 

しかし、創立当時は、時代物が出来るとは思っていなかったです。

時代劇をやるのが、目標ではあったのですが・・・こういった形でやれる日が来るとは、本当に思ってなかったですね・・・。

嬉しい限りです。

 

今週も、頑張って稽古しますよ

この時期は、暇そうで暇じゃない!

夏公演が終わって、ホッと一息つく時期ではありますが、何気にのんびりできないという。

そうです、2月公演が控えているので、なかなか一息つけません!

この時期は、台本を書く時期でもあります。プラス、ネタを考える時期でもあります。

今は、ココロワの台本のリニューアルをしている最中で、何とかまとまりつつあって、そっちは何とか大丈夫そうかな?と思っています。もう一つは、演劇祭実行委員会の劇団、ブレーメンの台本を執筆しています。こっちは、完全ギャグで書いているので、そんなに苦労はしないのですが・・・最初に考えていたネタがイマイチだったので、急遽変えました。何気に、自分のやっていることを捻くっているような内容の台本になっているようにも思えるけど、まぁいいかなとww

そんなこんなで、またしても、とんでもない内容になっています!

あ、ココロワの方のは、シリアスですので、ご安心を!!

 

しかし、あのネタで本当にいいのか疑問が残りますが(;^ω^)

次回のお話

なかなか台本のネタが思いつかないので、ちょっと頭の中を整理しようかと。

なので、次回のお話をしますねー。

 

次回舞台は、長野市民演劇祭の参加作品となります。

これは、昨年度もやった台本なのですが、あの時は全てを書ききれていなかったというのがあり、また、一度で終わらせるには勿体ない、そう思ってリニューアルバージョンとして、再度お届けすることとなります。

語りきれなかった物語があるのですが、それが入ってきます。

「鈴時雨」は、一言で言うと、「愛情」が沢山詰まっています。兄弟愛、姉妹愛、親族愛、一族愛、そして、男女の愛。

自分は、結構恋愛物は苦手な分野ではあるのですが、この話に関しては、ガッツリそれが入っているように思えます。

そして、「愛」は「許す」ことからなのかなと。どんなことがあっても、生きていて欲しい。ずっとずっと笑っていられるように。

そういう意味も込められている話です。

また、戦う意味とは?それを考えながら、殺陣を入れています。

勿論、鈴時雨特有の、舞もあります。OPはそのままで行くと思いますが、剣舞の振付は変えようかな?と考えています。

なんにしても、やることが沢山ですね!!

どんな舞台になるのか、お楽しみに!!

 

さて、いい加減早く寝ないと駄目ですね(笑)