久々のブログです

なかなかコロナが落ち着かない日々が続きますが、何とか活動はしています。

10月の中学生向け公演も無事終わり、次は3月に向けて走っています。

それに加え、声劇「鈴時雨〜定められし運命〜」の配信が9月に終え、そして新作「美羽ちゃんの日記」が11月からスタートしました。配信方法も変えたので、さて、今後どうなっていくのか心配ではありますが、計画通り進めて行きたいと思います。

 

台本について、少しだけ。

当たり前のように手元にきて、当たり前のように稽古をしていますが、書き手としては、結構思うところはありまる。

当時、自分も役者だけをやっていたので、その大変さはあまりよくわかっていなかったのですが、ただ、貰って嬉しい、有難いという気持ちはありました。そして、いつ書いているのだろうか?と、疑問に思う事もありました。

そして、現在自分も書いている身ではありますが、皆さんは知っていますか?

一本の台本を書くのに、どれくらいの時間を必要とするのか。

直ぐに書けるだろうともし思っていたら、それは誤解です。

自分の場合、一つの舞台用に書く台本は、大体半年かけて書いています(ネタ考えを混みで)

声劇用の台本は、一話一話が短いので、大体3時間くらいですかね?読み返したりとかもしているので。

書き始めれば早い方なのかもしれませんが、それでも時間はかかります。

書いてみて初めて、大変さと、書きあがった時の達成感を感じることができました。

台本に限らず、小説や漫画、雑誌等、皆さん時間をかけて書いています。もし手に取るような事がありましたら、大切にしてください。それだけ、書いている人の想いや、時間や努力が入っているのです。

自分も書いていなかったら、ここまで思わなかったと思います。不思議ですよね。

やはり、その時、その立場になってみないと分からない事が多いです。だから、経験は必要なのでしょう。

 

さて、なんだかんだ言いながらも、どんなに疲れていても、やり続けてしまうのが自分なのだなと思います。

休むことも大事だと、わかっています。休むべき時には休んでいるので、大丈夫です。

 

多分、今が踏ん張りどころなのかもしれない。ここで諦めたら、今までやってきたことが、台無しになると思うし、信頼を失うかなとも思う。もう少し、もう少し頑張りたいと思います。

舞台と声劇と台本

久々のブログです。

ようやく、落ち着いて?書くことが出来るので、少しだけ色々書いて行こうかなと思います。

さて、コロナの影響で、なかなか舞台が出来ない状況となっていますが、少しずつですが、世の中的にも、舞台を打つ団体さんが増えてきているようにも思えます。ですが、現実問題、県外へ観劇に行くことは、躊躇されます。

そんな中、我々ココロワとしても、どう活動をしていくのか、考えた結果、4月から「声劇」と言う形で配信をさせて頂きました。

鈴時雨の続きのお話を、ツイキャスアプリを使わせて頂き、土曜日の夜に配信をしてきました。

当初、本当に継続が可能なのか?という不安もありましたが、悩んでいるよりやって方がいいと思い、ある意味強行突破な感じで進めてましたねぇ・・・(笑)

そこで自分が拘ったのが、そもそも「声劇」自体、よくわからないものだったので、どうしようか・・・と考え、舞台が出来ない代わりだから、舞台に近い感じでやってみたいというのがあったので、そこは少し拘ってみました。これっていう正解はないわけで、声で演じる事、声で劇をすること、それなら、出来るだけ舞台に近くしたいという思いから、台本もそのように執筆しました。どうしても、情景をイメージして頂くには、雰囲気、説明が必要となるので、伝わっているのか疑問ではありましたね・・・。

しかし、なんとか、つい先日、その声劇「鈴時雨~定められし運命~」が幕を閉じることができました。

初めての事でしたが、とてもいい経験と、勉強ができたし、新しい分野に触れることもでき、可能性も広がりました。

 

一旦は、お休みとなりますが、本来の姿である、舞台公演、それが終わりましたら、また少しずつ「声劇」も取り入れて行こうと考えています。

まずは、10月の中学校公演、そして、3月の演劇祭に向けて、ココロワは新たな形で歩んでいきます。

新年には、ココロワとして皆さんにお知らせもあります。

 

来年夏は、コロナの対策も考えつつ、挑戦をしていきますので、また、情報公開をお待ちください。

 

それでは、舞台、そして声劇と今後とも活動を頑張っていきますので、応援の程よろしくお願い致します。

稽古稽古!!

昨日と今日、ココロワ稽古でした〜。

今月は、クオンくん強化月間!!りりぃちゃんに、色々と教わっていて、今後の成長が楽しみですね!

ココ最近の暑さやらなんやらで、大分くたばっている自分ですが、他のメンバーが進めてくれているから助かるー。

まだまだ暑い日が続きますが、暑さに負けず頑張って稽古をしていきたいですね!

1日も早く、生の舞台に立てますように・・・。

現在の活動について

ブログも久し振りに書きます。

現在の、ココロワの活動について、少しお話します。

夏公演は延期となりましたが、来年の3月に向けて稽古はしています。

また、土曜日にツイキャス配信にて、声劇及びトークを行っています。

まだまだ予防をしながらの活動になりますが、舞台に立てる日のために日々奮闘しています。

声劇は、舞台鈴時雨の続きをやっています。次のための、繋ぎの話となっていますので、聴いていただければ、更にわかりやすいと思います。

尚、下記からご視聴頂けます!



鈴時雨総集編

 https://t.co/sH2XMeleow 


鈴時雨〜番外編〜

 https://t.co/HkkWPDoCM7


鈴時雨〜義人の決意〜

 https://t.co/kANSuCjHkK 


鈴時雨〜嘉久の苦悩〜

 https://t.co/MBo22bZiQE


声劇 「鈴時雨〜定められし運命〜」第6話

 https://t.co/5iyD844y0s 


声劇「鈴時雨〜定められし運命〜」

第7話

 https://t.co/mehwdMz2KH


声劇「鈴時雨〜定められし運命」

第8話

 https://t.co/eyoRFOPwzi


鈴時雨〜記憶編〜 樹の想い

※ハプニングあって、30分頃からTake2してます!

 https://t.co/4LqyXMfe1e 


鈴時雨〜記憶〜」揚羽と六華の約束

https://t.co/yaecHVWUzN


番外編2

鈴時雨〜大切な人に届ける舞

https://t.co/cKsJtljYuA


#声劇  #演劇  #鈴時雨  #演劇集団ココロワ


新しい情報が決まりましたら、また告知をさせて頂きます!

ここ最近の活動

こちらのブログは、久々です。

さて、ここ最近、どんな活動をしているのかと言いますと・・・

次回公演に向けて、稽古は毎週行っています。

それプラス、今のところ毎週ですが、土曜日にツイキャスによる声劇を配信しています。

この声劇は、舞台「鈴時雨」の続編で、次の「鈴時雨」の舞台化の為に、繋ぎとして配信している物語です。

なので、この声劇をご視聴頂ければ、次の舞台化になった「鈴時雨」をもっと楽しんで頂けるだろう・・・という予定の企画です。

アプリの無い方は、ご視聴頂けないのですが、少しずつではありますが、YouTubeでも録音してアップしていますので、そちらからもご視聴頂けます。

 

稽古につきましては、内容を濃く、キャラクターと向き合う時間や、団員同士がお互いに意見を出し合える時間をたっぷりと取るようにしています。自分も、久々の台本で、かなり気合が入っています。

今回やる役は、元々、この台本を書いた元ココロワメンバーの一人がやっていた役で、その人の色が濃く出ている役なので、かなり自分としてはキツイ役ではあります。なまじ、色んなパターンを見てきてしまっているので、どう作ろうか、迷い中ではあります。

でも、100%クールよりは、どこかに優しさを全面に出してもいいのかな?と思うようになり、今、そっちの方向で役作りを始めています。

声劇では「義人」と言う、性格的に優しい役をやっているので、そこまでは行かないけど、どこか、滲ませてもいいのかなーなーんて思っていたりも。

 

舞台の方が、追い込みに入ると、声劇は頻繁には出来なくなりますが、それでも、続けていきたいとは考えています。

物語は、まだ終わりませんし!

 

色んな事に挑戦していく年だと思っているので、少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです。

 

一人一人の力を借りて、ココロワは、もっともっと進んでいきます!

共に歩んで頂けるメンバーも、随時募集していますので、興味があったら、ご連絡をください!!

こういう時だからこそ

久しぶりのブログです。

コロナの影響で、色んな事がありました。

今までの生活が変わってしまったり、出来ていたことが出来なくなったり、まさか、こんな時代が来るとは思っていなかったですね。


しかし、そんな中でも、できる事をやろうと、動いてはいます。そう、土曜日の夜に、ツイキャスによる声劇を配信しています。

つい先日、今までの声劇【鈴時雨〜定められし運命】の総集編を配信しました。その前の日には、鈴時雨の番外編を配信しました。これは、高校生役者二名とのコラボ企画としてやったものです。

折角始めたツイキャス声劇。

ここで終わらせるのは勿体無いと思い、出来る限り続けて行こうと思いました。

地道にやっていきますが、是非聴きにいらしてください!今までの総集編と、番外編は、こちらへリンクを残していきます!



ツイキャス声劇のリンク


「鈴時雨〜番外編〜」

 https://twitcasting.tv/metarumiechi/movie/618504034


「鈴時雨〜定められし運命〜総集編」   https://twitcasting.tv/metarumiechi/movie/618754758 

今だから出来る事

コロナの影響で、今世界が大変な事になっていますね・・・。

ただ、その中でも、我々は色んな事に気付かされたと思います。

どれだけ、便利な世の中で生きて来たのか。その中で、どれだけのものを失ってきたのか・・・。

心に余裕が無くなれば、誰かを攻撃したり、どうしても悪い方へ考えてしまいます。不安も沢山あります。

それでも、必死につなげていこうとする方たちが沢山います。

今だから出来る事・・・悲観するのではなく、いがみ合うのではなく、誰かを攻撃するのではなく、ただひたすら、自分達の今出来ることをやる。その中で生まれる絆は、素晴らしいものだと思います。

毎日ツイッターを見ているのですが、最初こそ、不安なツイートが多かったのですが、今はどれだけ色んな事ができるのかを考え、皆さん配信しています。今を必死に乗り切ろう、そして、その先もいい方向へ行けるように頑張ろう!そんな気持ちが凄く伝わってきます。

 

我々ココロワでも、舞台公演が出来るのか出来ないのかという不安の中、今出来ることを行っています。

ハッキリ言いましょう。

今は、否定は要らない。やろうとしたことを、とにかく行っていく。

慣れないツイキャスもやっています。失敗もします。でも、行動に移すことに意味があるのだと、今はそう思います。

 

さて、ツイキャスと言えば、毎週水曜日、夜九時頃から、声劇をやっています。今週で2回目の声劇でしたが、だいぶキャスの操作というか、どうやればいい感じに聴こえるのかわかってきました。

現在やっている声劇は、「鈴時雨」のサイドストーリーです。舞台「鈴時雨」のその後の話をやっています。

いずれ続編も書くのですが、その続編に繋がる間の話となります。大体、1回の時間は、10分くらい。すんなり聴けると思います。

もしよかったら、ツイキャスの方にも履歴が残っているので、聞いてみてください。

これから、どんな展開になっていくのか、自分でも悩み中ではありますが、楽しんで頂ける物語をお届けできれば幸いです。

 

まだまだコロナ影響はあるかと思いますが、こんな時だからこそ、皆で力を合わせて、戦っていきましょう!

あの時の思い出

ご存知の方もいるかと思いますが、ココロワの最初の頃の脚本は、ちゃんと脚本書くメンバーが居たのですよ。

その人は、とても繊細で、優しくて、強くて、舞台を愛して、そして仲間を大切にする人でした。

その人の書く話がすごく好きで、毎回楽しみでした。台本が書き上がると、嬉しそうに電話をくれて、話してくれたり、こんな曲を使いたいんだと、本当に楽しそうに話してくれました。

その人は、役者であり、脚本家であり、演出家でした。

役者としては、自分にとっては、憧れの人で、でも、何時しか憧れから、この人を支えたい、共に舞台に立ち続けたい、そう思うようになった。今でも、その気持ちは消えていないです。本人は、もう立てないとは言っていたけど、でも何時か、その当時のメンバーと立てたら嬉しいなと思っています。

そんな、素晴らしき大好きな仲間が書いた脚本。今回またそれが出来ることがとても嬉しいです。

今なら、あの人の気持ちがよくわかる。

なぜそこまで必死になれたのか、なぜ仲間を真剣に怒れたのか、なぜ共に舞台に立つ仲間を大切にできるのか、よくわかる。

今は、残念な事に、初期メンバーとは、それぞれ違う道を行ってしまいましたが、当時の事はいい思い出として、自分の中で生きています。


その立場になってみなければ分からない事が沢山あります。それでも、立場は違っても、自分は・・・・・・共に歩める仲間の為に、頑張ろうとする仲間の為に、自分の出来ることを精一杯やる。


少し前、自分のココロワに対する想いに寄り添ってくれたメンバーがいました。

他にも、それぞれの想いで、ついてきてくれるメンバーが居ることに、感動すらしました。

今のこのメンバーと、今回の舞台を創れることに、感謝です。


団体に所属することはとても大変です。

人間関係が嫌で、どこにも属さない人もいます。それでも、大変かもしれないけど、所属して得られることの方が多いように自分は思えます。長く続いている団体には、それなりの努力と、強い想いと、共に歩める仲間がいる。下手とか上手いとかじゃなくて、続けて行くことこそが、団体としては大事なことなんじゃないかな?と考えます。

なので、自分は、今のメンバーと共に、新たな1歩を踏み出していきたいと思います。


過去は振り返らない。


台本

自分は、ココロワの代表であるのと同時に、役者でもあり、脚本家でもあり、演出でもあります。

役者としては、もっともっと舞台に立ちたいという気持ちが強く、ある方にも、本当はもっとやりたいんじゃないですか?と言われた事があり、ハッキリと返事をした覚えがあります(笑)本当は、もっとやりたい事もあるんです。でも、団体を率いる身としては、抑えないと行けない部分もあるので、たまーに、ブレーメンにそれを持っていく事もあります(笑)

さて、そんな中、台本を日々書いていますが、書きながら疑問に思う事もあります。

舞台にした時に、これは本当に実現可能なのか?勿論、可能なものを書いてはいますが、たまーに書いておきながら、これ出来るのか?と思う事は確かにあります。

ここ最新の悩みと言えば、戦闘シーンですねー・・・・・・。

鈴時雨の時もそうでしたが、守る刀と殺す刀。それをどう表現していくかというのが、悩みましたね。そこで、ルールを作ったのが、義人は絶対に相手を傷付けないって事ですね。反撃には出るけど、でも、相手を斬らない。そこに拘りは持っていきましたね。

そして、今書いている脚本も、さて、ここまで物語を持ってきたのはいいが、どうしようか?と悩んでいる最中です。

常々思っている事が、なぜ斬るのか?そこに理由はあるのか?盛り上がりとしては、見せ場は大切ではあるけど、書き手としては、そこに意味が無ければそのシーンはいらないなと思ってしまう。戦う理由、無闇に刀を抜かなくてもいいんじゃないのか?とか、そう思う事があります。殺すだけが解決ではない、もっと違う意味を持たせたいなと言うのが、書き手としての自分の想い。

書き手として、そして、役者として、今一度刀を抜く意味を考えて欲しい・・・・・・自分に対しても問いかけている、そんな話になればいいなと思っています。


もう少し悩みながら続きを書いていきたいかと!

夏公演に向けて

冬公演が終わり、次は夏公演です。

次へ次へと進んではいますが、暫くの間は、冬公演の事は引きずったりもしています。それくらい、一作品一作品に、想いは強く残っています。一歩間違えると、なかなか抜け出せなくなりますが・・・。

さて、自分の書く台本について、もしかしたらお気づきの方もいるかもしれませんが、どこかしら、「続編があるのでは?」と匂わせている部分があります。

一応、世界観が広がるように、サブストーリーは考えていたりもします。

いい例が、「ご依頼は真夜中のカフェへ」ですね。これは、一作目書いた終わりに、主人公「桜」の新しい相棒候補なのかな?と匂わせる書き方になっています。そして、その続編として、「ご依頼は真夜中のカフェへ2」があります。他にも、立川という桜の元相棒がいたのですが、そのサブストーリーもあります。まだまだ謎の多い登場人物が多いのですが、色んな視点から見ることができる話です。

次に続編があるのかも?と思わせるのが「鈴時雨」。これは、実際続編を考えてはいます。本編で伏線がまだあるのですが、それが次へ続くものとなっていまして、本編の「鈴時雨」が命のやり取りだとしたら、続編は「神秘的」な感じになるのかな?と、考えているストーリーではそんな感じになりそうです。これも、登場人物の視点を変えていくと、色んな切り口があるストーリーです。

 

あと可能性がある物語では、これから書こうかなと考えている物語ですね。それは、流石にどうなるかちょっとわからないのですが、一応ハーフサイズストーリーで考えてはいます。

 

ちなみに、元ココロワの脚本家の台本で言うと、何度も再演をやってきた「ハートオブウィング」と「君の手のひらから」は、まさにハーフシアターですね!

ミナミちゃんというヒロインを軸に、死後の世界の話と、現実の世界の話です。両方見ると、あ、そうか、ここでは、実際こんな事があったのか!というのがわかります。

それと、「時空を超えた共犯者」と「時空航路」は、未来と過去の話ですね。これも、話は繋がっています。

こうやって見てみると、一本の舞台だけど、繋げていく事はできるんだなーっていうのが分かります。

それくらい、登場人物の人生がしっかりとしているのだと思います。それと、背景ですね。

 

台本を考えるのは楽しいのですが、やはり自分は、舞台に立ちたい。その気持ちの方が強いですね。

なので、可能な限り、書きながらも舞台に立ち続けて行こうと考えています。

 

さて、色々やっている自分ですが、この度、脚本の募集に応募をしようと、今現在ネタを考えている最中です。

ショートストーリだから、どれだけのネタを入れることができるのかわかりませんが、こういう試みもまたいいなと思い、楽しみながら考えています。

恐らく、とんでもないものが書きあがると思いますが・・・あとは、主催のかたに判断をして頂こうと思っています。

少しでも、「いざきた鈴」の作品という事を知ってもらって、そして、「演劇集団ココロワ」を知って頂けると嬉しいです。

自分達はこんな活動をしているんだって事を、もっともっと知って欲しいですし、もっと楽しんで頂きたいです。

 

今後のココロワの活動を、お楽しみに!!

そろそろ、夏公演の情報も上げていきたいですね!