物語の枝分かれ

今回は、台本について書こうかなーと。

 

自分が、台本を書く時の期間は、大体半年です。勉強しないといけない内容については、1年〜3年くらいかけます。

設定、ネタ、登場人物、テーマ、大まかなあらすじ。これらを決めるのに2ヶ月ほど。それから、文章にして自分見直しまで、2ヶ月ほど。とまぁ、ざっとそんな感じでやっています(笑)

 

物語ですが、結構各キャラクターの物語があったりと、本筋は1つだけど、そこからいろんな所へ枝分かれしていますねー。

例えば、ご依頼は真夜中のカフェへは、主はサクラですが、立川の話があったり、竹山の話もあったりします。

昨年夏の舞台「マルチプル」も、浅見教授と畑野の話があったり、今年2月の舞台「鈴時雨」も、その後の話や、仁成が、生きていた頃の話もあります。

 

こうやって、物語を枝分かれしていくと、ある意味ネタのストックも出来るという(笑)サイドストーリー、書きたいなぁってなったら、書くかなー(笑)

でも、皆さん、サイドストーリーってきになるのかな??

コメント