鈴時雨

久々のブログです。

さてさて、2月公演に向けて、現在稽古奮闘中です。

以前にもお話したかと思いますが、今回の舞台は、2月に公演しました「鈴時雨」のリニューアルバージョンとなります。

どこがリニューアルなの?という疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、それは、観てからのお楽しみと言う事です。

しかし、リニューアルと言うのは、結構ハードルが高いな・・・と思います。

以前がどのくらいの出来だったのかは、十分わかっているのですが、確実にステップアップしていないと、リニューアルした意味がないと、そう思っています。

最近、プロの舞台のDVDを観て、何か盗み出そうとしていますが・・・見入ってしまって(笑)

本腰入れて、ちょっと頑張りますね。

そういえば、剣舞用の刀が欲しく欲しくて、夜な夜なネットで見つめています。ちょっと怪しい人物になっていますね!

一応、OPの剣舞、途中の剣舞、EDの剣舞には、意味が込められています。考えるのは、結構大変ですね(;^ω^)

この物語は、勿論ストーリーがメインです。そこに付随して、ダンスや剣舞、殺陣が入っています。

なので、凄く殺陣が見たい!!!って方からしてみたら、ちょっと物足りないのかな?とは思いますが、先にも話した通り、ストーリーがメインなので、お許しください。

殺陣と言えば、殺陣の稽古だけをやる日を設けているのですが、ココロワの新人君が、いい役割をしてくれています。

そう、斬られるという役割を!!これ、大事なんですよね。個人的には、斬る側よりも、斬られる側がとても大切だと考えています。後は、呼吸ですかね・・・。皆さんが、どこまで頑張ってくれるのか、楽しみではあります。

キャラクターも、若干変わっている部分もありますので、また違った楽しみ方をしていただけると思います。

公演日は、2020年、2月2日です。詳細については、また公式の方でお知らせしますので、お待ちください。

 

 

ココロワの舞台を観てくださっている方は、ふと疑問に思う事があるかと思います。

なぜ、いざきたは、そのポジションを維持しているのか・・・。なぜ、「それ」をやり続けるのか。

本来の姿のままの役をやればいいのに、なぜ「それ」をしないのか。

その質問に答えることは、正直できませんが、一つ言えることは・・・。

「それ」を武器として、自分の役者としての自信をつけたかった。

勿論、他の理由もありますが、そこは秘密という事で(笑)

ただ、今の役者としての位置を得るために、努力はしました。下手なら下手なりきの努力をし、自分の武器を見つけないといけなかったので・・・。今の役者としての自分が在るのは、そういった少しずつの努力と、後は挫折があったからだと思っています。

 

しかし、創立当時は、時代物が出来るとは思っていなかったです。

時代劇をやるのが、目標ではあったのですが・・・こういった形でやれる日が来るとは、本当に思ってなかったですね・・・。

嬉しい限りです。

 

今週も、頑張って稽古しますよ

コメント