稽古はちゃんとやってますよ!

土日稽古をしなかっただけで、なんか稽古に飢えてしまった・・・。

でも、家に居ても常に台本の事は考えているし、自分の役と向き合っています。

役と向き合うと言えば、今回の役・義人は、よく話を聞いてくれるなーと(笑)しかも、常に笑顔という。

だからかな?義人の事を考えると、なんだか優しい気持ちにはなります。

一番困ったのが、「冬の星を結んで」でやった、高坂(笑)彼は、本当に全然振り向いてくれなかったし、どこか、怒っているようにも思えてねぇ・・・。自分で作ったキャラなのに、あそこまで反発するキャラはなかなかいないです。

一番自由気ままだったのが、「ご依頼は真夜中のカフェへ」の竹山(笑)彼は、本当に自由気ままだった!!

 

こうやって、色んなキャラの事を考えると、あー、彼はこんな感じだったなぁーとか懐かしく思います。

にしても、「鈴時雨」のキャラは、個人的にどのキャラも好きですね。もちろん、いままで書いた台本の登場人物はどれも好きですが、「鈴時雨」の登場人物は皆が「愛」に溢れているように思えます。

 

元々、自分は小説と漫画を描いていた人なので、台本の書き方には毎回四苦八苦しています。

全然違いますからねぇ・・・。それこそ、小説は情景の説明とか入れないといけないし、漫画は小回りで物語を進めないといけないし、台本は台詞を違和感なく進めないといけないから、たまーに混乱します。

 

とまぁ、色んなキャラと会話をしながら台本を書いたり、役作りをしたりしていますが、そろそろ、自分の心とも向き合わないといけないかなと考えています。

来年の夏は、自分としてはちょっと辛い・・・でも、乗り越えたい内容になると思います。

夏はとにかく明るく!!というのが、少し覆されてしまうかもしれませんが・・・でも、最後は幸せに終わらせたいですね。

前向きに歩めるように。

また少しずつ速報で上げていきますね!!

まだネタ作り最中ですので。

コメント