あの時の思い出

ご存知の方もいるかと思いますが、ココロワの最初の頃の脚本は、ちゃんと脚本書くメンバーが居たのですよ。

その人は、とても繊細で、優しくて、強くて、舞台を愛して、そして仲間を大切にする人でした。

その人の書く話がすごく好きで、毎回楽しみでした。台本が書き上がると、嬉しそうに電話をくれて、話してくれたり、こんな曲を使いたいんだと、本当に楽しそうに話してくれました。

その人は、役者であり、脚本家であり、演出家でした。

役者としては、自分にとっては、憧れの人で、でも、何時しか憧れから、この人を支えたい、共に舞台に立ち続けたい、そう思うようになった。今でも、その気持ちは消えていないです。本人は、もう立てないとは言っていたけど、でも何時か、その当時のメンバーと立てたら嬉しいなと思っています。

そんな、素晴らしき大好きな仲間が書いた脚本。今回またそれが出来ることがとても嬉しいです。

今なら、あの人の気持ちがよくわかる。

なぜそこまで必死になれたのか、なぜ仲間を真剣に怒れたのか、なぜ共に舞台に立つ仲間を大切にできるのか、よくわかる。

今は、残念な事に、初期メンバーとは、それぞれ違う道を行ってしまいましたが、当時の事はいい思い出として、自分の中で生きています。


その立場になってみなければ分からない事が沢山あります。それでも、立場は違っても、自分は・・・・・・共に歩める仲間の為に、頑張ろうとする仲間の為に、自分の出来ることを精一杯やる。


少し前、自分のココロワに対する想いに寄り添ってくれたメンバーがいました。

他にも、それぞれの想いで、ついてきてくれるメンバーが居ることに、感動すらしました。

今のこのメンバーと、今回の舞台を創れることに、感謝です。


団体に所属することはとても大変です。

人間関係が嫌で、どこにも属さない人もいます。それでも、大変かもしれないけど、所属して得られることの方が多いように自分は思えます。長く続いている団体には、それなりの努力と、強い想いと、共に歩める仲間がいる。下手とか上手いとかじゃなくて、続けて行くことこそが、団体としては大事なことなんじゃないかな?と考えます。

なので、自分は、今のメンバーと共に、新たな1歩を踏み出していきたいと思います。


過去は振り返らない。


台本

自分は、ココロワの代表であるのと同時に、役者でもあり、脚本家でもあり、演出でもあります。

役者としては、もっともっと舞台に立ちたいという気持ちが強く、ある方にも、本当はもっとやりたいんじゃないですか?と言われた事があり、ハッキリと返事をした覚えがあります(笑)本当は、もっとやりたい事もあるんです。でも、団体を率いる身としては、抑えないと行けない部分もあるので、たまーに、ブレーメンにそれを持っていく事もあります(笑)

さて、そんな中、台本を日々書いていますが、書きながら疑問に思う事もあります。

舞台にした時に、これは本当に実現可能なのか?勿論、可能なものを書いてはいますが、たまーに書いておきながら、これ出来るのか?と思う事は確かにあります。

ここ最新の悩みと言えば、戦闘シーンですねー・・・・・・。

鈴時雨の時もそうでしたが、守る刀と殺す刀。それをどう表現していくかというのが、悩みましたね。そこで、ルールを作ったのが、義人は絶対に相手を傷付けないって事ですね。反撃には出るけど、でも、相手を斬らない。そこに拘りは持っていきましたね。

そして、今書いている脚本も、さて、ここまで物語を持ってきたのはいいが、どうしようか?と悩んでいる最中です。

常々思っている事が、なぜ斬るのか?そこに理由はあるのか?盛り上がりとしては、見せ場は大切ではあるけど、書き手としては、そこに意味が無ければそのシーンはいらないなと思ってしまう。戦う理由、無闇に刀を抜かなくてもいいんじゃないのか?とか、そう思う事があります。殺すだけが解決ではない、もっと違う意味を持たせたいなと言うのが、書き手としての自分の想い。

書き手として、そして、役者として、今一度刀を抜く意味を考えて欲しい・・・・・・自分に対しても問いかけている、そんな話になればいいなと思っています。


もう少し悩みながら続きを書いていきたいかと!

夏公演に向けて

冬公演が終わり、次は夏公演です。

次へ次へと進んではいますが、暫くの間は、冬公演の事は引きずったりもしています。それくらい、一作品一作品に、想いは強く残っています。一歩間違えると、なかなか抜け出せなくなりますが・・・。

さて、自分の書く台本について、もしかしたらお気づきの方もいるかもしれませんが、どこかしら、「続編があるのでは?」と匂わせている部分があります。

一応、世界観が広がるように、サブストーリーは考えていたりもします。

いい例が、「ご依頼は真夜中のカフェへ」ですね。これは、一作目書いた終わりに、主人公「桜」の新しい相棒候補なのかな?と匂わせる書き方になっています。そして、その続編として、「ご依頼は真夜中のカフェへ2」があります。他にも、立川という桜の元相棒がいたのですが、そのサブストーリーもあります。まだまだ謎の多い登場人物が多いのですが、色んな視点から見ることができる話です。

次に続編があるのかも?と思わせるのが「鈴時雨」。これは、実際続編を考えてはいます。本編で伏線がまだあるのですが、それが次へ続くものとなっていまして、本編の「鈴時雨」が命のやり取りだとしたら、続編は「神秘的」な感じになるのかな?と、考えているストーリーではそんな感じになりそうです。これも、登場人物の視点を変えていくと、色んな切り口があるストーリーです。

 

あと可能性がある物語では、これから書こうかなと考えている物語ですね。それは、流石にどうなるかちょっとわからないのですが、一応ハーフサイズストーリーで考えてはいます。

 

ちなみに、元ココロワの脚本家の台本で言うと、何度も再演をやってきた「ハートオブウィング」と「君の手のひらから」は、まさにハーフシアターですね!

ミナミちゃんというヒロインを軸に、死後の世界の話と、現実の世界の話です。両方見ると、あ、そうか、ここでは、実際こんな事があったのか!というのがわかります。

それと、「時空を超えた共犯者」と「時空航路」は、未来と過去の話ですね。これも、話は繋がっています。

こうやって見てみると、一本の舞台だけど、繋げていく事はできるんだなーっていうのが分かります。

それくらい、登場人物の人生がしっかりとしているのだと思います。それと、背景ですね。

 

台本を考えるのは楽しいのですが、やはり自分は、舞台に立ちたい。その気持ちの方が強いですね。

なので、可能な限り、書きながらも舞台に立ち続けて行こうと考えています。

 

さて、色々やっている自分ですが、この度、脚本の募集に応募をしようと、今現在ネタを考えている最中です。

ショートストーリだから、どれだけのネタを入れることができるのかわかりませんが、こういう試みもまたいいなと思い、楽しみながら考えています。

恐らく、とんでもないものが書きあがると思いますが・・・あとは、主催のかたに判断をして頂こうと思っています。

少しでも、「いざきた鈴」の作品という事を知ってもらって、そして、「演劇集団ココロワ」を知って頂けると嬉しいです。

自分達はこんな活動をしているんだって事を、もっともっと知って欲しいですし、もっと楽しんで頂きたいです。

 

今後のココロワの活動を、お楽しみに!!

そろそろ、夏公演の情報も上げていきたいですね!

夏公演は・・・

これから、ちゃんとした情報がSNSで上がっていきますが、夏公演の台本が決定しました。

今度は、自分の脚本はちょっとお休みで、過去のココロワの台本となります。

これは・・・かなり思い入れの深い台本です。

そして、歴代のココロワメンバーが必ず通ってきた台本。だからこそ、自分にとっては本当に大切な台本です。

それぞれの役者が、それぞれの想いで創り上げていった台本。

・・・本当に、懐かしいし、胸が熱くなる台本。

あの時のメンバーは、今は何をやっているのかな?元気にやっているのかな?

新しくやるメンバーは、どんな想いでこの舞台を創り上げていくのかな?とても楽しみです。

今も、初期のDVDを観ているけど・・・懐かしさと、必死にこの台本と向き合っていたことを思い出しました。

役者として、この時のメンバーと一緒に歩んでいける喜びに、満ちていた時代。

この人達と、舞台に立ちたい、一緒に成長していきたい、そう思えたメンバーでした。

もう10年以上前の話になるけど、あの時の舞台は、今でもよく覚えています。初めての単独公演、二回目の主役、緊張で食事ものどに通らなかったあの日。あ・・・涙が出てきた・・・。

 

それから、今の古株達と一緒にやった舞台。

彼らのお陰で、ココロワを繋いでいけたかなぁーと、自分は思ってる。

そういう意味では、新しいココロワのスタートだったのかなーと。

 

同じ役を4回やったけど、もう出来ない(笑)とっても好きな役でした。

今度は、違う立場から、若い役者達を引っ張って行こうと思います。

ビシバシ!!と、やっていきますよー!

頑張って、皆で成長していきましょう!!

 

しかし・・・若いなぁー、自分(笑)初々しすぎて、やばい(笑)

意味合いとは

ひとつの舞台が終わると、色々と考える事があったり、思い返して次に生かせることは何か?を考えます。

その中で、さて、次の台本はどんな内容にしようか?を考えるのだけど、大体、夏公演の台本は冬に考えて、冬公演の台本は夏に考えています。

後は、公演ごとのお客さんの反応や、役者の成長や、色々バランスを見て考えていますね〜。

自分の書く脚本の特長として、ゆるーく、上がっていく物語の書き方だなと(笑)今も、さて、どこに盛り上がりを入れるか?と悩んでいる最中です(^_^;)

時々時代物を書きますが、正直、ガチなものではありません。それでも、その時代に生きた人の強さとか、忘れて欲しくない心とかを入れています。殺陣についても、意味を持たせて考えています。ただ戦うのではなく、何のために、誰のために刀を握るのか、そこに重点を置いてます。決してうちの劇団はエンタメではないので、しっかりとした魂を、握った刀に入れるよう心がけています。見せ場ではありますが、物語ありきの殺陣という感じです。

CEを入れるのも、実は好みません。

どうしたら、違和感なくその辺も含めて舞台を進めて行けるか、今後の課題ではあります。

 

まずは夏公演!まだ執筆中ですが、ワンステップアップ!!できるように、頑張りますね!!

無事終演となりました!ありがとうございました!

改めまして、「鈴時雨 ― 言霊 ―」無事終演となりました。

ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

今回の舞台は、リニューアルと言う事で、色んな意味で不安がありました。前回よりもレベルアップしていることが前提でしたし、より分かりやすくという課題もありましたし、所作、意味合い、殺陣等、課題が沢山あった舞台でした。

細かい所は抜きにして、全体を通してみて、まず前回よりという課題はクリアはできていたと思います。

細かい事を言い出したら切りがないので、飛ばしますが、自分の今の気持ちを正直に綴ると、次のようになります。

 

 

脚本家として

 

まだまだ書きたいことが沢山あります。この「鈴時雨」は、ほんの一部で、物語はまだ終わっていません。

そして、この話を通して、明日も笑いあえるように、何があっても生きていて欲しいです。

前にも話しましたが、最後の義人の言葉は、皆さんに向けての感謝のメッセージです。

少しでも、込められたメッセージが届いていると、幸いです。

それで、この物語はまだ一部と言いましたが、更なる物語があります。

また月日をかけてその物語を綴っていきます。時期については約束できませんが、お待ちください。

誰に何と言われようが、目的の為なら、どんな努力も惜しまない。それが、書き手としてのモットーです。

 

演出として

 

何と言いますか、もっと勉強してきまーーーーす!!!の、一言。

もう少し、色んな事を早い段階で勉強していたら、もっと役者の負担が減らせたのかな?と・・・。

昨年よりは、どんな舞台にしたいかはもっと明確になっていたし、どんな見せ方にしていくかもわかっていたのもあって、その点については、まぁまぁだったかな。やりたいことはできました。

夏公演に向けては、見せ方の前に、心の動き・・・心情、そのキャラの本質をもっと出せるように演出していくのが課題。

 

脚本と演出について

 

同時にやっていると、どうしてもギャップが出てきます。

脚本家としては、そこは譲れない・・・演出としては、そこは必要ない・・・で、自分の中で喧嘩をしているという・・・。

結局、演出が勝つのだけど。

たまーに、書き手としての自分が、へそを曲げて出てこなくなることもあったりも。

そんなやり取りが、自分の中で行われています。

 

 

役者として

 

兎に角、久々に必死でした。かなり努力を要したし、勉強することも沢山ありました。

ただ、その中で、義人として、何故刀を持つのか、どうしたら守れるのか、自分の想いとは?という事を、凄く鮮明に考えることができたと思います。その刀が自分の一部として、重みと言うものがのしかかってきた感じはしますね。

ただ何となくではなく、その重みを感じながら、演じることはできたと思います。

反省点は沢山ありますが、その瞬間を義人として生きてこれたと思います。

これで一旦義人とお別れですが、また会える日を楽しみしています。

それまで、役者として、今回教えて頂いた殺陣の基本の稽古を、続けていきます!出来るものが増えることは、嬉しいことでもあります。

 

代表として

 

これからの課題が明確になってきたので、課題達成に向けて動き出していこうと考えています。

この課題が達成できれば、団体としても一歩前進になるかなと。

 

 

というわけで、色々書きましたが、次は夏に向けて執筆を開始します!!

どんなココロワの舞台をお届けできるか、楽しみにしていてください!!

自分の首を絞めたくないので、きっと・・・と言っておきますが、きっと、面白い台本になると・・・いいなと・・・思っています!!!

 

また皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!!

今後とも、演劇集団ココロワをよろしくお願い致します!!

 

 

新年あけましておめでとうございます。

ツイッターで、既にご挨拶しているのですが、改めまして、

新年あけましておめでとうございます。

本年も、何卒、宜しくお願い致します。

 

さて、新年早々、舞台の事しか考えていない自分ですが、台本を書きながら年を越すと言いながら、台本すら手掛けることが出来なかった12月31日でしたが、一応ネタは書き上げてあります。

さて、ここからどう組み立てていくのか、悩むところではありますが、まずは2月の公演を成功させないといけませんね。はい。

そんなわけで、2月公演の事に・・・台本についてお話したいと思います。

以前にも話したことがあるかもしれませんが、そこは、ツッコミ無しでお願いします。

書いている本人すらも忘れているので、忘れたことにしておいてください。

 

鈴時雨・・・この物語は全てフィクションです!!あ、知ってましたね。

が、もとになっている物はあります。これこそ、以前お話した、自分の家系図なんですけどね。そこからのイメージを色々膨らませて、有名な武将ではない武将・・・領土を収めて行った人ですね。それを調べ、どのようにして領土を広げていったのか・・・というところから、少しずつ物語を組み立てていきました。

本来の忍びの役目を少し残しつつ、より人間らしいキャラで考えていきました。

主となる、山名家は、そこまで名前は知られていないけど、山に通ずる名前を選びました。あとは、長く続かなかったという所で・・・。

物語の中に出てくる、年に一度の祭りについては、実はモデルになっているのは、木曽の祭りです。独特な、伝統的な祭りなのですが、ここ数年、行けてないですねぇ。深い山の中で行われる、伝統的な祭り。剣舞は天狗の舞を参考(振りは待ったく違いますが)

なので、神事用の振付にしてあります。通常剣舞は、武士の姿を表現していますが、鈴時雨での剣舞は、神事なので、それとは違います。なかなか参考に出来る振りがなかったので、完全オリジナルの、でも意味を込めての振付です。どちらにしても、難しいですね。

 

とまぁ、結構自分が見て来たもの、聞いてきたものを参考にさせてもらっているものが多いです。

物語の特徴としては、知らない場所で、小さな村と伝統を守るために戦った人がいたんじゃないかな?という、見えない部分を描いています。

もしかしたら、こんなものって思われる方もいるかもしれません。が、そういうのもあっていいんじゃないか?と、思うわけです。

何よりも、どんな物語だろうが、かならずテーマがあります。この「鈴時雨」もテーマがあります。

表面だけで判断せず、もっと奥を見て頂けたら、それが何かがわかると思います。

それが伝わるよう、我々も日々努力をしなければいけませんね!

 

また何か「鈴時雨」について語れる時は語りたいと思います。

今年最後ですね

今年ももう今日で終わりですね。

どんな一年だったのか、思い返してみたのですが、思い出せない・・・。

兎に角、今年は変化の多い年だったなと言う事ですかね。

仕事もそうですが、劇団の方も色々ありました。が、乗り越えて来れたという事は、この先も細々とやっていけるのかな?と、思ってみたりも。

今年も沢山の方にお世話になり、沢山助けられました。

一年を通して、感じた事、伝えたい事は・・・いかなる理由があろうとも、物事を放棄してはならぬ。やると言ったのなら、最後までやり通すこと。

途中で挫折をすることもあります、嫌になることもあります。

それでも、やります、引き受けます、頑張りますと言葉に出したのなら、どんなに挫けても、続けて欲しい。

そして、人に迷惑をかけたのなら、迷惑をかけた分、必死にやって欲しい。

何事もなかったかのように振舞うのは、いけません。一年の締めくくり、ケジメをつけて、新しい年を迎えて欲しい。

成長とは、色んな事を経験して、失敗して、またチャレンジすること。誰かに成長してもらうのではありません。

自分でみつけ、気付いて、自分の力で進んでいく事です。周りは助言しかできません。決めるのは、自分自身です。

進んで行く中で、誰かが助けてくれる、手を差し伸べてくれます。

ただ、人を傷つけて進んだ先には何もありません。全て自分に返ってくることを忘れないで欲しい。

自分も、常にその覚悟の上で色んな決断をしています。決して忘れないで欲しいです・・・いい事も悪い事も全て自分に戻ってくるということを。

一番は何を言いたいかといいますと、自分の言葉には責任を持ちましょうってことですね!

 

来年は、原点に戻って、団体として、自分達の力で進んで行こうと考えています。

もっと、嘘を真実にできる舞台を創っていきたい。そして、誰かの心に響く舞台にしたい。

我々は決してプロではない。仕事をしながら続けている、趣味でやっている劇団です。それでも、より良い舞台にしたいと思うのは、当たり前の事ですし、今年よりも来年、来年よりも再来年、レベルアップしていきたいですね。

 

いつか、ココロワも別の場所で公演が出来たらいいな・・・。

それが、今のところの目標でもあります。一人ひとりの意識は大事ですし、チャレンジ精神がなければ、実行にも移せませんが・・・。怖いと言えば、怖いですけどね。

そして、今年折角教わった事は、舞台が終わってからも続けていきたいです。

 

来年も四苦八苦しながら、進んで行くかと思いますが、私達ココロワを、宜しくお願い致します。

 

皆さま、よい年を迎えてください。

隣の芝生は・・・

いやー、隣の芝生は青く見えるねぇーーーーーー。

と、最近特に思っています。

やりたいことと、現実と、現状と・・・。こんな時、よく思い出すのが、今の劇団を立ち上げた時の事。

あの時は、さて、何を考えていたのだろう?と、思い出そうとするけど、よくよく考えてみたら、必死だったとしか覚えていない(笑)とにかく必死!一つの舞台を創り上げるのに、人間観察したり、自分のキャラの事を調べたり、とにかく自分のモノにしたくて、かなり頑張っていた記憶はあります。辛くて大変だったけど、でも、週に一度の稽古は楽しかったかなー。

そうそう!今は水曜日が稽古日になっていますが、以前は金曜日でした。そのせいもあってか、よく稽古後にご飯食べて、それからゲームセンターに行って遊んでいたり、海に行ってセリフの練習をしたり(笑)若かったなぁー!

なんか、そういった必死に頑張る、真面目に取り組む、色んな事に挑戦をしてみる!って様子を見かけると、懐かしいなぁーって思います。

ちょっと初心に戻ってみようかなと、最近思うようになって、時代を遡って行ったら・・・中学まで戻ってしまいました。やばい時代です!!

まぁ、グダグダと書きましたが、結局は、他所は他所なんですよね(笑)なんだかんだ言いながらも、我が道を進んで行くと思います。

 

そんなわけで!

今回の役と共に、悩んで、迷って、でも決心をして、2月の舞台には立ちたいと思います。

リニューアルされた「鈴時雨」を、お楽しみに!!

時は流れているんだな・・・

ここの所、子供の頃によく見ていたアニメの声優さんが亡くなったり、有名人が亡くなったりするニュースを見ていると、やはり時は流れているんだなと、改めて感じました。

当たり前の事なんだけど、それが身近に起きてくると、よりリアルに感じるかな・・・。

よく思い出すのが、20代の時の事や、高校生の時の事。

あの頃は、早く大人になりたいと思っていたけど、今は、色々な別れが怖いなと思うようになり、時を戻したいなとも思ったりもします。今あの人は何をやっているのだろう?生きているのかな?どうなのかな??そんな事を時々考えます。

突然の別れが来るかもしれない。自分が、大切な人を残して逝ってしまうかもしれない。

それでも、前へ進めるのか?進んでもらえるのか?そんな事ばかり考えています。

答えは、その時にならないと出てこないのですけどね!

 

鈴時雨は、自分の願いなのかもしれないです。悲しいけど、苦しいけど、それでも、進んで欲しい。きっと、傍で見守ってくれているはずだから・・・。先の事なんてわからない。今を必死に生きる、それが、残された人の出来る事なのだと。

明日も、明後日も、明々後日も、笑いあって欲しいです。

 

たまには、真面目な話もいいですよね!